離婚 慰謝料 離婚したい

スポンサードリンク

離婚 慰謝料離婚は慰謝料の問題もあり、また今後の生活などのことで大変不安になります。
離婚にはたくさんの手続きなど行わなければならないことがあります。離婚は気持ちが先に立ち、手続きをおろそかにすると後で面倒なことになる場合もありますので、必ず正確に行ってください。
また離婚は精神的にも強いダメージを受けて、さらに体力的にも疲れを起こします。
離婚を行う場合の、さまざまな手続きなどご紹介します。

 

離婚の種類と手続きなど

 

離婚の種類

離婚はまず始めに協議を行い合意の上で離婚する協議離婚があります。協議をしたが離婚の合意に至らなかった場合は、裁判離婚を始めます。
この「裁判離婚」は更に「調停離婚」「審判離婚」「判決離婚」の三つの方法があります。
「協議離婚」は離婚手続きで最も多いケースです。
この協議離婚の話し合いが折り合わず、離婚が成立しなければ裁判離婚で離婚を審議します。

 

離婚訴訟ができる場合

法律は、他人の夫婦間の離婚について訴訟を起こすことを認めています。
この訴訟の出来る場合を紹介します。

  • 配偶者に不貞行為があったとき。
  • 悪意で遺棄されたとき。
  • 生死不明な状態で3年以上経ったとき。
  • 強度の精神病で、回復の見込みが無いとき。
  • その他、婚姻を継続するのが困難な重大な理由があるとき。

 

<PR>脱毛ラボ 口コミ

離婚の時に決めなければならないこと

離婚はその後の生活に必要なことを決めなければなりません。これには慰謝料や夫婦の財産分与があります。
また、離婚の請求の中で最も重要で気がかりなことが、子供の親権と養育費です。これらのことは離婚の協議で争いやすいので、弁護士を立てることが望ましいでしょう。
また協議が折り合いがつかなくても、弁護士が良い相談役になり早期に離婚が成立するでしょう。

 

協議離婚の約束

離婚が成立する夫婦のおよそ90%が協議の上に離婚をする協議離婚を行います。
協議離婚は夫婦が話し合い、離婚について慰謝料や子供の親権や養育費になどについて、離婚後のことを決めます。
しかし、協議離婚でよく問題となることは、夫婦で協議して決めたことをどちらかが守らないことです。
協議離婚において決めた養育費や生活費を渡す約束は、離婚届に記載されないため、口約束に終わるケースがあります。